Wednesday, 30 September 2015

NH010でいざNYCへ !






Saturday, 26 September 2015

Wednesday, 23 September 2015

iPhone3Gのファクトリーアンロック 実践編

iPhone3Gのファクトリーアンロック (準備)で書いたとおり、今更ですが脱獄iPhone3Gをファクトリーアンロックさせ、完全な(?)SIMフリー状態にしてiOSの更新(脱獄はiOSを更新すると無効になる)行い使おうというもの。

もう一つの視点は、SIMの規格、U-SIMと一番大きい初期のSIMですが、貸与携帯電話のをそのまま使える利点がある。

このiPhone3G、下記ファクトリーアンロックサイトで調べたところ、ウズベキスタンのタシケントで購入したのであるが、フランスのFrance Orange用に使われロックが掛かっていると情報にああったる。そして、ボディの色が黒だったが、登録上は白、箱が白だったので想像はついたが、そんなiPhone3Gだった。

https://myimeiunlock.com/

さて、  注文から完了までは以下のとおり。
9月12日、ファクトリーアンロックを注文、見積もりどおり、GBP19(3,500円相当)。
9月22日、完了のメールを受信。


なので所要10日であった。

再アクティベーションは、ネット上の説明に従って
1)iTunesでバックアップ
2)iOS更新iOS 3.1.2→4.1.2
3)iTunesで復元

重要なのはアンロックがされたかどうかの確認だが、ややこしい。

2)のiOSが更新直後、iPhone3Gの画面に、「Restore in Progress」、しばらくして「iPhone is activated」と表示された。

アプリを確認するとデフォルトのみで、このあと3)の復元をする、しかし、アプリは変わらず、iTunes上に復元が終わると以下の「iPhoneのロックが解除されました。」と表示された。

これがどういう意味なのか、ファクトリーアンロックが完了したということなのか、はっきりしない。

復元したのだがアプリが足りない、どういことか?写真、連絡先、SMS履歴、メール設定等は残っている。

つまり、再インストールとなると、iOS4に対応したバージョン

用途はSMSくらいであろう、遅いので。

挿してあるSIMはアルメニアのVivaCellMTSのSIM、チャージが無くこちらから掛けられないので判断付きかねるが、SMSでも入ってくればアンロックが完了しSIMフリーとなったと言えなくもない。

はっきりと確認できる有効なSIMを挿してせねば・・・。

次は、iPhone6に挑戦。



Weetabix bran flakes and whole Garson wheat

東京でも入手し難かったが、何時も置いているスーパーを見つけた。

Sunday, 20 September 2015

MacBook Pro (Yosemite)の動作が遅い対策

MacBook Pro(late2011, 13.3インチ)の動作が遅い、OSはYosemite、メモリは16GB、メモリが不足しているようなノロノロでウェブでの動作は入力してしばらくし無いと表示され無い。タブを開けすぎとも思え無い。

そんなばかな、購入時はまったく問題なかったでは無いか、その時のメモリーは4GBだったにもかかわらずだ。しかし、ややメモリ不足を感じたので1年半ほど前に16GBへ交換、かなり快適になったが今年に入って重さを感じるようになり、最近、非常に重い。再起動をしても変化なし。

それで、 ネットで検索したところ、以下の方法が効果があるとの報告があったので試してみた。以下のサイトを参考にしたが、PCからアクセするとアンケートに答え無いと先へ進め無いようになっている。
http://gori.me/mac/mac-tips/71618

1)セーフブート
2)NVRAMのリセット
3)電源を落とし再起動する

(1)セーフブート
電源をオフにする。
電源を入れ起動音が聞こえた直後にshiftキーを押し、そのまま押し続ける。
アップルマーク(りんご)と進捗を示すギアマーク(私の場合、表示されず)が表示されたらshiftキーを離す。
右上に、赤で「セーフモード」と表示される。

(2)NVRAMのリセット
 電源を落としても起動情報などを保持する記憶装置。
セーフブートをした時に画像が荒れた、参考ページにも同じようなことが説明されているのでこれも試した。

方法:
電源を入れる。
command+option+p+rを同時に押し続ける。
再起動して「ジャーン」という起動音が2回きこけるまで押し続ける。
キーを話して完了。

(3)再起動する
電源を落とす、つまり「システムを終了」させる。

【結果】
どれが効いたのかわから無いが、セーフモードは2回、NVRAMリセットは1回行い、かなり軽くなった。

firefoxを使っているが、タブの情報がリセットされ5つ程度までしか開いていない、今の所、軽い。

Saturday, 19 September 2015

Monday, 14 September 2015

ファクトリーアンロックへの道

日本では(au and docomo)やっと2015年5月以降のiPhoneにSIMロック解除(SIMロック解除を申請する、最初からSIMフリーではない)ができるようになった、しかし、現在使用しているiPhoneは皆SIMロック機種かつSIMロック解除申請不可、昨年、機種変更したiPhone6もだ。他に、auのiPhone5、softbankのiPhone5もある。

これらを何とか使えるようにしたい、つまり、SIMフリーにしたいと考えてる。ネット上には、下駄を履かせてSIMフリー化が多く紹介されている、アマゾンにもその下駄が売られている。

他には、脱獄という手法もあったがOSを更新するとSIMフリーが解除されてロックがかかってしまう。

最適な方法は、ファクトリーロックを解除する方法、機種によってはかなりリスクが高いしコストもかかる。iPhone5以降ならばLTEにも対応しているのでこの機種からトライだろうか。

ソニーのXperiaのSIMフリー廉価版を買ったほうが時間的にもコスト的にも手取り早いかもしれないが、悔しいのでもう少し情報を集めてファクトリーアンロックをやってみよう。

事例集(日本語サイトは取次の可能性大)、英語ができるのならば直接のが絶対お得、UKの業者2社を見つけた。
http://nan-hen.com/?p=9868

【補足】
iPhone3Gをファクトリーアンロックしてみる(結果待ち)
http://eastriver229.blogspot.jp/2015/09/iphone3g_13.html

iPhone5のファクトリーアンロック準備(仕様の確認)
http://eastriver229.blogspot.jp/2015/09/iphone5-aultecdma3ggsm.html

iPhone5 au版のLTEはCDMA、3GはGSM

iPhone5 au版のファクトリーアンロックを検討していてふと通信方式の違いが頭に浮かんだが、au版はCDMAモデル、LTEバンド1、3、5、13、25に対応、3GではGSM /EDGE(850、900、1,800、1,900MHz)に対応する。

LTEについては気になる記述がある、
1)欧州のLTEでは使えない、旨。
2)このGSMは米国市場以外で使えない、旨。

もしそうならば、ファクトリーアンロックの意味がない。

iPhone5 CDMA(au)https://support.apple.com/kb/SP655?locale=ja_JP&viewlocale=ja_JP

iPhone5 3つのタイプ
http://wired.jp/2012/09/19/iphone5-lte-model/

1. GSMモデル
A1428*:UMTS/HSPA+/DC-HSDPA(850、900、1,700/2,100、1,900、2,100MHz)、GSM/EDGE(850、900、1,800、1,900MHz)、LTE(バンド4および17)

2. CDMAモデル
A1429*:CDMA EV-DO Rev. AおよびRev. B(800、1,900、2,100MHz)、UMTS/HSPA+/DC-HSDPA(850、900、1,900、2,100MHz)、GSM /EDGE(850、900、1,800、1,900MHz)、LTE(バンド1、3、5、13、25)

3. GSMモデル
A1429*:UMTS/HSPA+/DC-HSDPA(850、900、1,900、2,100MHz)、GSM/EDGE(850、900、1,800、1,900MHz)、LTE(バンド1、3、5)

結論:
au版iPhone5を何とか使い倒したいと思っているのだが、上記の説明からファクトリーアンロックを行ってもauを除くと米国の2社しか使えない、ということになる。

そうならば、iPhone6をアンロックしたほうが適切な判断というものだ、料金はほとんど同じだし。

iPhone6からはデュアル方式(CDMA方式+GSM方式を含む)の世界共通版のようです。
http://www.iphone-mysterious.com/20140915234550.html

Sunday, 13 September 2015

iPhone3Gのファクトリーアンロック 準備編

タシケントの電気街で買った(2009年当時)ブラックの中古iPhone3G, SIMフリーだというので買うことにしたのだが、OSを更新したらロックされてしまった。その店へ持ち込んだら再度SIMフリーになった。これは、脱獄と いう方法で何かソフトを読み込んだかどうかはっきり記憶がないが、やや複雑な操作をするとSIMフリーになった。

SIMのサイズがU-SIM(ユニバーサルSIM) なので、クライアントからスタンダードな携帯電話が支給される際、SIMだけ差し替えるだけで使えた利点があった、iPhone4になりSIMがMicroSIMへサイズが変更になった後でもこれは重宝した。

今回、このiPhone3Gを完全にSIMフリーにしようと思い、IMEI番号から詳細を確認した。その結果、ボディの色は白、購入したときの箱からそう思っていたのだが、フランスOrange用に販売された機種だということがわかった。

脱獄中のをファクトリーアンロックにできるのか不明であるが、論理的には問題ないはずである。

今更ながら、古い機種をファクトリーアンロックする意味があるのか、XperiaのSIMフリー廉価版を買ったほうが得策ではとも思うのだが、何となく悔しいので使い倒してみたい気もする。

費用を調べたところ、下記のサイトではGBP19(3,500円相当)だったので、試してみることにし、以下のサイトから注文した。注文はロックしているキャリアとIMEIの番号のみでできる。

日本語の小龍茶館というサイトでも受け付けているが取次のようだったし、高価との噂もあり、以下のサイトにした。
https://myimeiunlock.com/


France Orangeのロックが掛かっていると情報にある。それが何故、ウズベキスタンのタシケントで売られているのか、しかも、白が黒として。この点は不思議だが、本論とは関係がない。

ファクトリーアンロックが終了すると連絡が登録したメールに届く。
それから、iTunesに接続し、backupを行う。
実際には完了メールが届いてから説明する。

Sunday, 6 September 2015

iPhone4Sの仕様 LTE非対応でしたね

iPhone4Sの仕様
LTEは対応していないのですね、iPhone5からですね。

basic information
Device Brand: Apple
Device Model: iPhone 4S
SIM Card Size: Micro-SIM
Dimensions
Width: 58.6
Length: 115.2
Thickness: 9.3
Weight: 140
Networks
GSM: 850 / 900 / 1800 / 1900
EDGE: Yes
3G: 850 / 900 / 1900 / 2100
Specs
Operating System: iOS
Screen Size: 3.5 Inches
Screen Resolution: 640 x 960 pixels
Chipset: Apple A5
CPU: Dual-core 1 GHz Cortex-A9
GPU: PowerVR SGX543MP2
RAM: 512 MB RAM
Camera: 8 MP, 3264 x 2448 pixels, LED flash
Camera Secondary: VGA, 480p@30fps
Wi-Fi: Wi-Fi 802.11 b/g/n
Bluetooth: v4.0, A2DP, LE
Headphone Jack: 3.5mm

iPhone6の仕様詳細

iPhone6の詳細

basic information
Device Brand: Apple
Device Model: iPhone 6
SIM Card Size: Nano-SIM
Dimensions
Width: 58.6
Length: 123.8
Thickness: 7.6
Weight: 112
Networks
GSM: 850 / 900 / 1800 / 1900
EDGE: Yes
3G: 850 / 900 / 1700 / 1900 / 2100
4G ( LTE ): LTE band 1(2100), 2(1900), 3(1800), 4(1700/2100), 5(850), 8(900), 13(700), 17(700), 18(800), 19(800), 20(800), 25(1900), 26(850)
Specs
Operating System: iOS
Screen Size: 4.7 Inches
Screen Resolution: 750 x 1334 pixels
Chipset: Apple A8
CPU: Dual-core 1.4 GHz Cyclone (ARM v8-based)
GPU: PowerVR GX6450 (quad-core graphics)
RAM: 1 GB RAM
Camera: 8 MP, 3264 x 2448 pixels, dual-LED
Camera Secondary: 1.2 MP, 720p@30fps
Wi-Fi: 802.11 a/b/g/n/ac, dual-band
Bluetooth: v4.0, A2DP, LE
Battery: Non-removable Li-Po 1810 mAh battery (6.9 Wh)

タシケントで購入したiPhone3Gの詳細

ウズベキスタンのタシケントの電気街で中古で購入したiPhone3G、さて、実際にはどういう仕様なのか、ネット上のツールを使って確認した。

1)購入した時は、SIMフリーとのことだったが、違った。脱獄版だった。
2)本体の色は、オリジナルは白であったが、黒で売られていた。
3)2009年10月に400米ドルで購入。
4)モデルは iPhone3G.

まずは、iPhone3Gか3GSかどうかの確認。→3Gだと思います。
http://ilab.cc/3g3gs

それ以上の情報は、モデル番号より下記の通り。

Model: MB500NF
http://iphonefrom.com/en/MB500NF
  • Your device is maybe sim-locked
  • Device name:iPhone 3G 16Gb
  • Color:white
  • 1) Belgium (Mobistar1,2)
  • 2) France (Orange1,2)
  • 3) Luxembourg (Vox Mobile)
  • 1 - Possible to purchase iPhone in AppleStore without simlock. 
  • 2 - Possible to remove simlock on additional conditions.

なぜこれを調べたかと言えば、脱獄版では使い勝手が悪い、まあ、旧いのでリタイアかと思ったがU-SIM仕様は何かと重宝するので手元に置いておくことにしたが、脱獄だと制約が多いためファクトリーアンロックにしようかと。

iPhone IMEI
http://iphoneimei.info/

詳細情報を提供するサービスへ誘導される。 

詳細:


IMEI:011771003862672
S/N: 888481DV1R4
Model: IPHONE 3G 16GB WHITE-BNL
ICCID: 89330158514080133010
Activated: Yes
iOS: 2.2.1
First Activation Date: 2008-12-27
Last Activation Date: 2009-05-01
Warranty Ends on: 2009-12-25
Purchase Date: 2008-12-26
Bluetooth Mac Address:
WiFi Mac Address: 0023DF4B2431
Find my iPhone: OFF
ZIP/SSN Required: NO
Initial Activation Policy Description: 36 - France Orange
Applied Activation Policy Description: 36 - France Orange
Next Tether Policy Details: 36 - France Orange

 

au iphone5 SIMロック解除(ファクトリーアンロック)の誘惑

au iphone5のSIMロックをファクトリーアンロックできないか、検索していたら、このサイトに照会があった。

下駄より10倍ほど高い(109-119GBP)が、やってみる価値はあるかもしれない。
http://un-sim-lock.blogspot.jp/2014/11/au-iphone5-sim.html

こちらが、そのサイト。
https://myimeiunlock.com/iphone-imei-permanent-unlock/