Sunday, 30 October 2011

iPhone販売略史と次の一手

iPhone販売略史
iPhone 2007年6月29日 GSM
iPhone 3G 2008年7月11日 GSM/UMTS
iPhone 3GS 2009年6月19日 GSM/UMTS
iPhone 4 2010年6月24日 GSM/UMTS
iPhone 4S 2011年10月14日 GSM/UMTS/CDMA

ソフトバンクのiPhoneをAUに乗り換えて、新たにiPhone4S SIMフリーを1台調達し海外用とする、いやSIMフリーをAUに接続すれば1台で済むことになる。

Ciuda del Esteのショッピングセンターで見かけたSIMフリーと謳っていたiPhone4 USD875は見過ごして正解だった。

日本通信が英国eXpansys社と業務提携、SIMフリー版を販売している。
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/news/20100917/1033045/http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/news/20100917/1033045/

eBayから購入という手もあるが送料を含んだ価格は同程度だ。

この手続きがうまくいけば、海外用として使っているSIMフリーとして買ったがSIMフリーでなかったため脱獄仕様で使っているiPhone 3Gが更新され、ソフトバンクのiPhone4もAUへ乗り換えられる。

Friday, 28 October 2011

Thursday, 27 October 2011

パラグアイ・イグアス移住地内の福岡旅館

パラグアイの東部、ブラジルに近いアルトパラナ県のイグアス市の旅館をご紹介します。
http://py.iio.org.uk/

今夜は、パラグアイはイグアス移住地内の福岡旅館だ、
日本から地球の裏側になる、





五右衛門風呂に入ってさっぱりしてからサバの南蛮漬け、冷奴、かき揚げ、酢の物の夕食だった。
そしてすべて日本語の世界、TVもNHK。


そして、朝食には納豆と冷奴、玉子焼きなど。
日本以上に日本的だね、出張でこんな経験は初めてだよ。

にほんブログ村 海外生活ブログ パラグアイ情報へ
にほんブログ村

Tuesday, 25 October 2011

JALラン航空(チリ)とのコードシェアを開始

JALとラン航空(LA)は、10月20日よりラン航空の運航するロサンゼルス、ニューヨークとチリのサンティアゴを結ぶ2路線においてコードシェア運航を開始する。
http://press.jal.co.jp/ja/release/201110/001920.html

2012年夏よりJAL国際線にて機内インターネット接続サービスを開始

2012年夏よりJAL国際線にて機内インターネット接続サービスを開始予定、これまで航空各社は機内のインターネット接続サービスを導入されたり、止めたりしてきた。今後は落ち着くのだろうか。てっきり導入されたと思っていたルフトハンザ航空は、9月でもまだだった。
http://press.jal.co.jp/ja/release/201109/001887.html

Monday, 24 October 2011

手数料が高いクレジットカードでの支払い-パラグアイ

この国でのクレジットカードは利用できるものの、その手数料が高く、利用需要はあるが実際の利用者は限られている。

手数料は、通常、購買価格の10%を要求される。これはクレジットカード端末の利用料が5%、クレジットカード利用料が5%とされているが、クレジットカードは通常3%なので、かなり吹かしてある。

中には、クレジットカードを利用した支払いでは、税務申告から逃れられないのか、10%の付加価値税を付加し、合計で20%の手数料が必要だというホテルがあった。高級ホテルではこのようなことはない。手数料を取るというショップで最低の手数料は9%であった。

http://py.iio.org.uk/ にほんブログ村 海外生活ブログ パラグアイ情報へ
にほんブログ村

Sunday, 23 October 2011

サムソンのプロモーション in Asuncion, Paraguay

日本政府が韓国に対して5兆円の融資枠を設定するもサムソンは元気いっぱい、南米市場でも拡大を目指しています。Mariscal Lopez Shoppingに立ち寄ったら丁度準備中でした、今週末向けでしょうね。
あーそうそう、製品は液晶テレビ、スマートホン、iPadのようなもの、ノートPCでした。

http://py.iio.org.uk/ 





にほんブログ村 海外生活ブログ パラグアイ情報へ
にほんブログ村

Saturday, 22 October 2011

アスンシオンの韓国料理

パラグアイのアスンシオンにかなりの数の韓国料理屋が存在することは日本では知られていないでだろう。パラグアイは共産主義国ではなかったので北朝鮮系ではない。多い時には40軒ほど韓国料理屋があったというが現在はその半数ほどだ。パラグアイ人が経営しているわけではなく、全て韓国人の経営である。

パラグアイの東アジア系移民は、日本人、中国人(台湾人)、韓国人がいる。台湾系と韓国系はほとんどがアスンシオンに住んでいるが日本人はアスンシオンにも住んでいる、元々農業移住なので地方に移住地がある。韓国系は、商業アルメニア中心のようだがはっきりしない。メルカド・クワトロ周辺に固まって住んでいる。韓国系のキリスト教会もある。その関係から韓国料理屋もその周辺に多い。ハングルの看板を出しているのでよくわかる。

その中で、これまで食した3軒の韓国料理屋についてです。引き続き新たな韓国料理屋をトライしていく予定です。

アスンシオンにて
http://py.iio.org.uk/

■Chez Bong
店のファサードデザインがモダーンなのでここが韓国料理屋とは思えない。表向きはオリエンタル料理と謳っているが中身は韓国料理。ランチセットは12,000PYG、内容は中華と韓国のミックス。

アラカルトももちろんある、中身は韓国料理。スンドゥブを注文したが旨かった。緑茶は美味い。多分、中国の緑茶であろう。職場から近いのでよく通っている。

11:30-14:30 17:30-23:00
Reublica Francesa 266
Tel.021-222 784/ 0991-21 37 37

▼入口とコンボメニュー
▼スンドゥブ
▼コンボメニュー5(ベジタリアン)
▼入口
▼店の壁とサイン


にほんブログ村 海外生活ブログ パラグアイ情報へ
にほんブログ村 ■Y.Hack
メルカド・クワトロ地区のペルー通りにある韓国料理。15年の歴史があるという。ペルー通りに面していてわかりやすい。看板はハングルのみ、オジンポックン(イカ辛し味噌炒め)をよく食べた。メニューに幅があるので行きやすい。長年、アスンシオンで仕事をしている人のお薦めなので外れがない。
Y.Hack
Ave. Peru 1091
Tel.021-208 578

▼正面(Ave.Peruに面している)
▼正面(2)開店前?

■Rockya
開店から2年程度の新しいレストランとの情報。アスンシオンの韓国料理ガイドに掲載されていた、蓋を開けてみないと中身がわからない。食べ歩きの一環としてこのレストランをトライした。

レストランは通りから門をくぐり、階段を上がった先の庭がレストラン。屋外、屋内両方のテーブルがある。焼き肉中心なので屋外が軒下が良い。

メニュー表記はハングル、スペイン語、英語、日本語、中国語と多いが、メニューの内容は牛肉と豚肉、肉中心の韓国料理、つまり焼き肉だ。カルビ一人前35,000PYG、ビール10,000PYG。肉は自分で焼く。このカルビ一人前は量が少ない印象、そして、硬くて食べるところが少ない。よってあまり肉を食べたという感じではなかった。コチジャンは自家製か現地調達なのかやや癖のある味。その他、冷麺(30,000PYG)を注文。金曜日の夜に行ったが客の入りは上々、6‐7割のテーブルが埋まっていた。

3人でカルビ4人前、冷麺3人前、ビール4本、〆て270,000PYG。

Rockya
Rojas Silvas 1274 e/ Rep. de Francia y Ana Dias
Tel.:021-233-794
http://www.rockya.co.kr/
にほんブログ村 海外生活ブログ パラグアイ情報へ
にほんブログ村

Sunday, 2 October 2011

地上波デジタルテレビ放送規格、パラグアイは日本方式を採用

古いニュースですがメモ的に。地上波デジタルテレビ放送規格で、パラグアイは日本方式を採用しています。
 
以下ニュースより。

パラグアイ共和国は1日(現地時間)、地上デジタルテレビ放送方式の規格として日本方式(ISDB-T)の採用を決定した。

海外でのISDB-T採用は、ブラジル、ぺルー、アルゼンチン、チリ、ベネズエラ、エクアドル、コスタリカに続き8番目となる。

総務省など関係省庁や放送事業者、メーカー、研究機関などは、官民連携し、ISDB-T方式採用を働きかけてきた。

結果、ハイビジョン放送とともに移動端末向け放送サービス(ワンセグ)が提供可能であることや、干渉に強く車内での受信ができることなども評価され、パラグアイにおける日本方式決定の大統領令が交付された。

今後も円滑な導入に向けて、技術協力を続けていくとともに、更なる採用拡大を図る方針。南米のボリビアへの採用を呼びかけるほか、アジアではフィリピンに、アフリカでは南アフリカ共和国に採用を働きかける。

http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20100602_371727.html
 
にほんブログ村 海外生活ブログ パラグアイ情報へ
にほんブログ村

Saturday, 1 October 2011

食生活を豊かにする海外出張携行日本食品

■短期滞在で食生活を豊かにする携行日本食材リスト

パラグアイには日系移民がいるので和食に事欠かないという情報と先入観で日本から食材を携行せずアスンシオンにやってきた。しかし、現実は現実、ないわけではないのだが思い通りの内容ではない。したがって、現状を踏まえた上で持参すると食生活が豊かになる日本食品リストを作成してみた。これはパラグアイに限らず他の国へでの短期滞在でも基本的に同様である。

アスンシオンの場合、アパートホテルという簡易キッチンの付いた長期滞在ホテルがあるのでここでの滞在を前提とする。IHクッカー、電子レンジが用意されている場合が多いので、これらを使って調理できる範囲です。

食器類は全て用意されているが、どんぶりのような器は現地調達する必要がある。筆者はシリアルボウルでよく代用した。それから、食材ではないが備え付け包丁はほとんど切れないと思った方が良い。

アスンシオンでは東アジア系食材が入手可能です。

▼お薦め携行日本食材リスト
1.インスタントみそ汁; 味噌は売っているが調理しなければならない。インスタントみそ汁があれば食事が豊かになるのは間違いない。

2.焼のり; 軽いし嵩張らないので持参しやすいことに加え、ご飯との相性がよい。

3.インスタントスパゲティソース; パスタは茹でられるので、それに塗すだけで並みのスパゲティが出来上がる。

4.インスタントラーメン; アスンシオンで販売されているインスタントラーメンは、ブラジル製ニッシン、日本のそれとは大きく内容が異なります。棒ラーメンは比較的嵩張らず旨いですね。

5.ふりかけ類;軽し嵩張らない、これでご飯が美味しく食べられる。

6.醤油類; パラグアイ産、ブラジル産醤油は売っているが、減塩とか特殊な醤油は売っていないので、必要とする方は持参をお薦めする。

7.鰹節; 小さなパック入り、何かと料理に使える。冷奴にも。

8.チューブ入りワサビ・ショウガ; 生ショウガが売っているが下し板がない、一本づつあれば何かと便利だ。

9.お茶の葉または粉末茶;美味しいお茶が飲める。アスンシオンには日本料理店があるが、まともなお茶は出さない。

10.コーヒーセット(コーヒー豆、紙フィルター、ドリップ容器);お湯を沸かせばコーヒーが飲める。

その他、箸、小型包丁があったほうがよい。
にほんブログ村 海外生活ブログ パラグアイ情報へ
にほんブログ村